男の人

業者に依頼する時のコツ

ネズミ捕り

業者により、ねずみ駆除の料金には違いがあります。また、駆除方法にも違いが見られるため、業者に依頼するという時には、いくつかの業者に見積もりを依頼した上で、駆除方法などを確認した上で依頼するようにしましょう。

Read

小さいうちに殺虫剤で

蜂の巣

アシナガバチは本来は共生できるハチです。しかしアシナガバチの巣があると、スズメバチまで来ることがあるため、駆除が必要となることもあります。駆除は、巣が小さいうちに羽虫用殺虫剤を使用しておこないます。アシナガバチが休憩している夕方に噴霧し、その後巣の根元を切り取ってから処分します。

Read

早期発見が重要

蜂

営巣場所が多数

アシナガバチは、営巣する場所が非常に多岐に渡ります。草むらの中・廃屋・民家の軒先などに作られることが一般的です。稀に、犬小屋などにも作られることがあります。アシナガバチの巣は、どの種類も小型であるという特徴があります。そのため、巣を発見するには注意深く目を凝らす必要があります。保護者や親御さんは、外で遊ぶ小さな子供さんに注意を喚起することが求められます。植込みや草むらの周囲で、遊ばせないという配慮が必要です。 アシナガバチ駆除は、私たち一般人でも容易に行うことが可能です。市販の防虫・殺虫スプレーで、アシナガバチ駆除が可能だからです。殺虫剤の中でも、長いノズルが装備されているものが使いやすいです。殺虫スプレーは、安価で購入することができます。

照準を合わせた対策

アシナガバチのエサは、青虫やその他の昆虫です。そのため、エサとなる昆虫が少ない場所には、あまり飛来しないという特徴があります。このことから、家に畑や植え込みを作らない工夫をすると、アシナガバチが飛んでくる可能性を低下させることができます。アシナガバチ駆除で、早期に巣を発見することで得られるメリットがあります。一度巣を駆除すると、しばらくその付近には営巣しないという特徴があるため、見つけ次第迅速な処置が求められます。また、アシナガバチのライフサイクルを把握しておくことも大切です。発生期は初夏から晩秋で、その季節に照準を合わせた対策を行うことが求められます。アシナガバチ駆除は、とても短時間で行えます。また、業者に事前を取り付けることで割引が適用されます。しかし、業者によってもサービス内容は違ってくるため複数の業者を比較した上で依頼するところを決める必要があります。まずは、自社のホームページなどからサービス内容をチェックするとよいでしょう。万が一、詳細がわからない場合でも、直接電話で問い合わせることによって詳細の情報をえられるためきちんと確認することが大切です。そして、複数の業者の中から信頼できるところを探し、依頼するようにしましょう。

最後は業者に任せよう

こうもり

コウモリ駆除方法には磁石と蚊取り線香の2つがあります。前者はコウモリの行動を制限する効果を持っています。また、後者はコウモリの苦手な臭いを発しますのでコウモリが逃げ出します。自分で駆除することができない場合には、業者に依頼しましょう。

Read